廃車買取無料査定
処分引き取りはバイカーへ
事故車、故障車でもOKの廃車無料買取査定ならバイカー

0120-978-837 営業時間 9:00~20:00メールで問い合わせる

  • ホーム
  • 廃車買取りの流れ
  • 必要書類
  • お客様の声
  • 買取実績
  • 対応エリア
  • よくある質問
  • 無料査定依頼
  • 事故車買取

バイカーブログ

バイカーブログ

家族(所有者)が亡くなった場合、普通車の廃車どうすればいいの?

 

 

家族が亡くなくなられた場合、葬式の手配からはじめ、さまざまなことを判断し、決定していかなければなりません。遺産相続もそのうちの1つ。普通自動車も土地や証券と同様に遺産扱いされるので、亡くなられた家族が車の所有者の場合には、所定の手続きが必要となります。そこで、家族(車の所有者)が亡くなられた際の、廃車手続きについて解説します。

 

 

家族(所有者)が亡くなった際の残された車はどうする?

 

 

 

 

 

 

車を所有していた家族が亡くなった場合、普通自動車も相続対象となるため、それ相応の手続きが必要です。ちなみに、ここで言う車の所有者とは、車検証に書かれた名義人のこと。もしも車の所有者が第三者ならば、あたり前ですが相続は発生しません。

廃車までの流れは、遺産相続者の決定後、名義変更(相続)、廃車手続きとなります。ちなみに軽自動車の場合は、遺産相続の対象ではないので、名義変更の後、廃車手続きという流れです。

故人名義のまま乗りまわし、万一、事故を起こしてしまうと自賠責保険を超える金額について補償されない場合もあります。そのためにも、名義変更をしておく必要があるのです。

では家族(所有者)が亡くなった際の相続手続きの時に、どのような書類が必要となるのでしょうか。確認していきましょう。

 

 

家族(所有者)が亡くなった際の廃車「名義変更(相続)をする方法」

 

 

 

 

車の所有者である家族が死亡した際は、すぐに名義変更手続きをしたくても、自由にはいきません。複数の相続対象者がいる場合は、一旦、共有財産となります。その後「遺産分割協議」の中で、新所有者を決定し、必要な書類を用意した上で、手続きを行なう必要があります。

その際、提出する書類は、車の査定額により異なります。

 

査定額が100万円超の場合の必要書類

 

普通自動車を特定の1人が相続する際の、車の査定額が100万円を超える場合は、下記の書類が必要となります。

●自動車検査証
●亡くなられた方の戸籍謄本または除籍謄本など
●戸籍謄本(相続者全員の記載があるもの)

●相続人の印鑑証明書
●相続人の車庫証明書
●ナンバープレート
●遺産分割協議書

 

査定額が100万円以下の場合の必要書類

 

査定額が100万円以下の場合、100万円超えの際必要だった、遺産分割協議書が不要なので手間が軽減できます。必要な書類は下記の通りです。

●亡くなられた方の自動車検査証

●亡くなられた方の戸籍謄本または除籍謄本

●相続する方が相続人であることを証明できる戸籍謄本

●相続人の印鑑証明書
●相続人の車庫証明書

●ナンバープレート
●遺産分割協成立申立書

●査定額が100万円以下であることを証明する書類

 

家族(所有者)が亡くなった際の廃車の手続き

 

 

家族(車の所有者)が亡くなった場合の廃車の手続きで大変なのは、相続者が決定し書類等の用意ができるまでです。相続さえうまくいけば、通常の手続きで廃車処理ができます。そのため車の査定段階から廃車専門業者と相談しつつ手続きを進めると、とてもスムーズでしょう。

ちなみに自分で廃車手続き(永久抹消登録)を行なう場合は、次のような流れとなります。永久抹消登録には、「車を解体した」という証明書が必要となります。そのため業者に車を持ち込み、必要な書類およびナンバープレートを受け取っておく必要があります。ちなみに永久抹消登録の際に必要な書類は下記の通りです。

●所有者の印鑑証明書・印鑑証明書と同じ実印
●車検証
●ナンバープレート(前後2枚)
●移動報告番号と解体通知日の書かれた書類
●リサイクル券
●自動車重量税還付申請書
●マイナンバー(社会保障・税番号)の個人番号カード又は通知カードのコピー

これらの書類を用意した上で、管轄の運輸支局まで足を運び、廃車手続きをする必要があるのです。運輸支局は、日中しか手続きができないため、日中仕事をしている人の場合、時間がかかってしまう可能性もあります。しかし廃車専門業者に依頼すれば、煩わしい手続きも業者が引き受けてくれるので安心です。大切な人を亡くした時こそ、ゆっくりと休息をとることが大切です。できるだけ簡単に手続きを済ませ、面倒なことは業者にゆだねた方が良いでしょう。

 

 

家族(所有者)が亡くなられた際の手続き等で、廃車専門業者ができること

車の所有者(家族)が亡くなられ、その車を廃車にする場合、廃車専門業者ならば豊富な経験を活かしつつ、故人の車の廃車に関する相談に乗ることも可能です。もちろん、車の査定が必要な場合には、丁寧に対応し、車の廃車手続きを行なうこともできます。ディーラーに依頼した場合、代行費用などがかかりますが、廃車専門の業者ならば無料。むしろ買取金額がつき、お金が貰える可能性もあります。廃車専門の業者がなぜ、廃車にするような車に対して、買取金額を示せるのか。その理由は、故人が大切にしていた車の中で、まだ使える部品などを取り出し、再利用させてもらっているからなのです。廃車専門業者ができることは、故人の車を最後まで丁寧に扱い、再利用できる部品にまた新しい活躍の場を持たせることでもあるのです。

最新の記事

カテゴリー

このページの先頭へ戻る